【炎炎ノ消防隊】8巻のネタバレと感想!命懸けの戦闘開始!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

前巻、Dr.ジョヴァンニとの争いが始まり、伝導者に少しずつ近づきつつある第8の消防隊。

最後、シンラの前に現れたのは生き別れていた弟のショウでした。

とうとう弟のショウと対峙する時が来たのか!?

7巻のあらすじはこちらです。

【炎炎ノ消防隊】7巻のネタバレや感想!伝導者とは何者なのか?

炎炎ノ消防隊8巻のネタバレ!

ショウとシンラが対面した!
少し間があいたがシンラはすぐに弟のショウだと気付いた。

ショウは伝導者側の人間。

アドラバーストを持つシンラを生け捕るのが使命。

それはすなわち戦闘を避けては通れない道。

シンラは母との約束《ショウを護る》という事が前提の為、ショウに説得するが聞く耳を持たない。

アーサーも応戦しようとするがまるで歯が立たない。

大隊長でもある火華でさえも危険と察知し、逃げろ!と言う。

Dr.ジョヴァンニも天照のキーを手に入れたのでシンラ以外は殺すよう命じる。

そこへ車に乗ったリヒトが登場する。

シンラ達を助け出そうと来たみたいだ。

皆車に乗り込み、逃げようとするがショウが立ち塞がる。

そこへ現れたのがジョーカーだった。

何故ジョーカーがショウの邪魔をするのかわからないがリヒトとジョーカーのお陰でシンラ達は逃げる事に成功した。

ショウ達は追うのやめてキーを伝導者の元に届けに行く。

ヴァルカンの家も戦闘によってダメージを受けたので一先ず第8で身を匿う事にした。

桜備大隊長が直々にヴァルカンをスカウトした。

そしてヴァルカンは正式に第8消防隊に入る事になった。

とある日第8の仲間になった、火華、焜炉、カリムが情報交換の為、第8消防隊にやって来た。

互いに情報を言い合って桜備大隊長が出した答えは、『攻めに入る』と宣言した。

伝導者の居場所を調べていたリヒトはジョーカーと密会していた。

その内容は第8が伝導者に勝つ事が出来るのか?

シンラがキーマンになりそうだと。

桜備大隊長もシンラとアーサーが実戦不足という事に気付いていた。

そこで焜炉がウチで面倒見よう。と言いだし、シンラとアーサーは第7消防隊に修行しに行く事になった。

第8では無能力である桜備大隊長の為にヴァルカンが色んな武器を開発していた。

浅草に出向いたシンラとアーサーは早速始まっていた。

《命のやり取り》や戦闘においての気持ちなどを教えてもらっていた。

紅丸は突然ある事を言った。

『必殺技を編み出せ!』

そこへリヒトが現れてシンラの必殺技のアドバイスをしにやって来た。

リヒトのアドバイスとは瞬間的に膨大な火力を生み出す攻撃だった。

それはシンラの持つ火力の高さがないと出来ない技でもある。

まず、紅丸がイメージとしてやってみせた。

シンラほどの火力を持たない紅丸でさえ想像以上のスピードと破壊力だった。

それをシンラがモノにしたら更にスピードと破壊力は上がるとリヒトは言う。

これからシンラは必殺技、アーサーは組み手に別れて修行を始める。

元々シンラは炎を分散させていたので、一点に集中させるのはやはり困難なようだ。

途中、紅丸が火の操り方のヒントをくれて何か掴んだ気がしたシンラ。

シンラの必殺技は紅丸のお陰で徐々に完成しつつある。

第8の拠点ではヴァルカンが新しい武器を備えていた。

それはマキの為に作った武器であった。

性能や使い方などはまだわからないが、これで準備はほぼ整った。

リヒトもショウ達の居場所をある程度把握したみたいだ。

全てが整い、いざ出陣!

地下(ネザー)の前に着くと普段立ち入る事の出来ない地下に皆んな恐れていた。

シスターの祝詞から始まり、扉が開いた。

真っ暗な地下が奥深く広がる。

中へ進む第8の消防官達。

途中濃い霧に追われ敵が出て来たと思ったら、メンバーの偽物に化けて撹乱させる。

これは浅草でもされた本物そっくりな偽物だ。

そしてメンバーは離れ離れになる。

まず最初に敵と遭遇したのは、シスターとタマキの2人だった。

そしてマキは1人で複数の相手をしなければいけなくなった。

マキの相手はDr.ジョヴァンニと一緒にヴァルカンを襲撃したフレイルと白装束の数人。

ヴァルカンの作った新しい武器で応戦する。

元自衛隊もあってか接近戦でも有利に戦闘をしている。

難なく白装束と倒し残すはフレイルのみとなった。

フレイルも火を操る能力者だったが新しい武器を上手く使いマキは無傷で勝利した。

ヴァルカンと桜備大隊長のコンビが出会った敵は伝導者のいたずらなのか?

Dr.ジョヴァンニとリサだった!

〜感想〜

8巻にしてようやく伝導者の拠点へと攻め入ったシンラ達。
今までの戦闘も面白かったですが伝導者達との戦闘も少年マンガらしくて、最高に面白いですね^o^

これまでマキが活躍する場面があまり無かったせいかマキの戦闘シーンが新鮮で僕的には、より面白さ倍増でした。

シンラとアーサーの成長した姿も早く見たいし何よりも新しい第8部隊の活躍振りが期待しちゃいますよね。

果たして第8消防隊だけで伝導者の闇を暴く事は出来るのか!?

他の隊はどう出るのか!?

気になる所です。

後、ジョーカーの存在が左右しそうになってますね。。

リヒトとジョーカーが、どっち寄りなのかもまだ定かではないので、味方だったらまた話しも面白くなりそうですね。

早く次巻を読もうと思います!